森林の学校に参加しました。。

2007年11月10日(土)

埼玉県神川町での「森林の学校」

d0014697_1633684.jpg



朝から冷たい雨。
今日はきっと中止よね・・と思いながら出発した。
集合場所の新宿東口には、登山装備の人達が群れている。
こんな日でも山に登るのか、大したもんだと人事の様に思う。

まだ、のんびりムード
神川町役場に到着。
町の関係の方々が笑顔でお迎えくださる。
「今日は、座学を中心として、様子を見ながら、実習のするかどうかを決めましょう。」との由
この雨ではきっと早めに終って、後は日帰り入浴の「冬桜の宿」でのんびりだな・・と推測。

午前中は天国
木の名の漢字名のテスト。
午前中、森林作業で使う、ロープの結び方の実習 (日常の生活にも役にたつ講義でした)
そして、お昼休みとなる。

見事に裏切られる。
午後の予定の発表。「少し雨も小降りになったので、少し、フィールドにでて実習をしましょう。
冬桜もさいていますので、それを見ながら」
これはいいぞ、お花見じゃ~~多少の雨でも散歩程度ならできるもの。

周りの参加メンバーが支度を始める。本格的な雨支度と山作業のいでたち。
ちょっと不安になるが、まー皆大袈裟な・・と自分を納得させる。

現場到着。
長柄の鎌を渡される。エー草刈やるの。この道具で・・・
神流湖の周辺をにテラス風の展望台がつくられている。そこに草が生い茂り、展望台としての役目を果たしていないとか。その草刈が今回の指名である。簡単な説明の後、長鎌を持って、
山の中腹の草を刈る。生い茂った草の頑丈さに手を焼いてしまう。しかし、一人より多数、大勢といっても、18人だが。段々とすっきりとしてきた。山を守ると言うのは、非常に手間暇のかかる事を実感する。過疎の山村のご苦労が痛切にわかりました。


天国じゃ~~

地獄の作業が終了(指導の森林組合の方のお恵みにより、早めに切り上げてくださる)
神川町立の「冬桜の宿」にて、入浴し身体を温める。生き返った!!

d0014697_1283178.jpg



城峯公園に移り、バーベキュウを食べながら交流会。
冬桜、紅葉を楽しみながら、バスにて帰途に着きました。

d0014697_1292022.jpg


参加者の皆様が清々しい方が多く、緑の保全を活動を目指す人柄の素晴らしさを感じました。

神川町の皆様、特に石井観光協会会会長、暖かいお心使いありがとうございました。
関係の皆様になにとぞよろしくお伝えください。

私も、老骨に鞭打ち、なるべく又お邪魔致したいと思います。
なんだかんだ言いましたが、素晴らしい経験をさせていただきました。

ありがとうございます。
[PR]
by taisanboku1 | 2007-11-11 12:10
<< お薦めの本! 2007年度いよいよ活動開始! >>