羽村の堰から。

5月21日 総計11人のウォーキング・バイ・多摩川

鳩ノ巣を後にし、一行は、東京の水、取水堰のある羽村へと向かう。
羽村の駅より、鎌倉古道を歩き、「禅林痔」横を通り、多摩川べりへと出る。

今日は、先日の玉川上水に沿ってのウォークではなく、多摩川に沿って歩く事とする。
羽村大橋を渡り、多摩川の土手を、のんびりと歩く。多摩川の植物調査中の看板がある草むらを横目に、アーダコーダとおしゃべりが絶えない一行。途中道に迷い、老人施設に迷い込み、道順を丁寧に説明いただき、恐縮しながら先へと、足を運ぶ。
玉葱畑、エンドウ豆の花、アイリスの花、ブロッコリーの株、等を声高に語りながら、小梅の生るに感激し、毛虫の群にも、楽しむ一行であった。
途中、休憩を取り、各自持参のお八つを分け合い、子供のようによろこんでいた。
約1時間半で、永田橋に到着。そこで、川と別れ、福生の駅へと向かう。

解散予定時刻をかなりすぎてしまったが、福生駅の近くで、反省会を兼ねた慰労をし、解散となる。

参加者が相変わらず少ないのが問題ではあるが。
いい企画であったと自画自賛をしている。

JUONの皆様

一度、鳩ノ巣フィールドへおいでください。
JUONの会員である事を誇りに感じる事ができます。

では、6月10日(土) 建長寺でお会いいたしましょう。

d0014697_16385579.jpg


         羽村堰の玉川兄弟像
[PR]
by taisanboku1 | 2006-05-24 16:40
<< 総会が済んで。 鳩ノ巣フィールドは素晴らしい活... >>