お待ちどう様です。

さくらの花も散り始め、季節の移ろいの早さに戸惑う日々です。

しばらく、ご無沙汰いたしましたが、いよいよ今年度の活動を開始いたします。

世話人会において、総会までに一度は会員の方とお会いしたいとの意見があり、早速、検討いたしました。

私たちが生きるのに一番大切なものは水ではないだろうか。
東京というほとんど自然とは遊離している生活圏でも水源の確保がなされ、日々水はほとんど当たり前のように供給されています。
今回、その水源近くを散策する企画が出来つつあります。

奥多摩湖から取水堰のある羽村、そして玉川上水を歩ける範囲で歩いてみようと思います。
期日は5月の中ごろの日曜日を予定しています。
ご案内をさしあげますので、お楽しみなさってください。

d0014697_22574048.jpg


神田川の桜並木:かつては暴れ川の神田川も治水事業の完成で、安心できる流れとなりました。其の分川の景観は失われましたが・・・
[PR]
by taisanboku1 | 2006-04-07 23:02
<< 新緑の玉川を訪ねて。 ご案内。 >>