切り株より水が流れていました。

先日、こどもの国に行った折の事です。

樹の種類はわかりませんが、かなり大きな切り株がありました。
その切り株から、水が滴り落ちているのです。それも音を立てて。せせらぎのような音です。
地上から50cmくらいしかない切り株が必死に水を地中から吸い上げているのです。
本来その水は樹の枝の隅々まで行き渡り、瑞々しい葉や花を育てていくのです。
その途中で切断されても、根は水を吸い続けています。何時か全く枯れてしまうまで。
感動的でした。こんなにも大量の水を樹は吸い上げているのかと、あらためて樹木の生きる
力を納得いたしました。

樹は生きている。正にその事を知る事ができました。
[PR]
by taisanboku1 | 2005-04-07 21:43
<< これからお花見です。 Juon Network より... >>